税務調査ってどうして行われるの?

税務調査が入る!!

税務調査が入るとなるとどんな企業でも不安になります!!

税務調査ってどうして行われるの?

税務調査が入るって連絡が来たら、どんな企業だってどんな個人だってびっくりします。

まして正しく申告を行っているはずなのにどうして?と思うと、何をどうすればいいのかあたふたしてしまいますよね。

メディアなどで税務調査のニュースなどがあると、必ず追徴課税がいくらだとか修正申告がどうの・・・って話が飛び交っていますから。

でも税務調査は法人も個人も、基本的に3年、現在は調査員が足りないということもあり、6年に一度くらいの割合でどこでも入る調査です。

もし前の期間からそれほど時間がたっていないのに税務調査が入ったということになれば、これはもう、調査員が税務申告に関して何らかの異常を感じたということになるでしょう。

ここで焦っても仕方ありません。

調査の前にしておくべきこと、理解しておくべきことをしっかり考えましょう。

準備を行うためにも、税理士さんとしっかり話をし、限られた期間内で不備なきよう書類等をそろえておく必要があります。

焦らないこと、やるべきことをしておくこと。

これが、税務の調査が入る際の鉄則となります。

勿論、普段からこうしたことがあっても困らないように、しっかり書類等を整えておくということも必要ですが。

肉体派税理士の渡邊勝也さん

税務調査のことを調べていたら、肉体派税理士の渡邊勝也さんという人のブログ「渡邊勝也の税務調査対策blog」を見つけました。

渡邊勝也さんはスーツはオーダーメイドじゃなければ絶対無理そうな、胸板の厚さがありそうな税理士さんです。

渡邊勝也さんの胸板の厚さは2003年・2008年関東ベンチプレス大会階級優勝、現在もベンチプレス210kgというのですから、笑えないほど真剣に鍛えているようです。
どういう経緯で税理士さんを目指したのかは税務調査110番のブログのネタバレになりますが、中央大学卒業で学生時代から社会時代もアメリカンフットボールをやられていたそうです。

渡邊勝也さんは税務調査を中心に活動されているそうで、突然の税務調査に強い税理士の先生です。
そういった意味では肉体派というのはココロ強い感じがします。
しかし、税務調査の対応は法律論と交渉力ということで、緻密さと税務訴訟補佐人としての立場でしっかりサポートしてくれるようです。

税務訴訟補佐人というのは弁護士である訴訟代理人と一緒という条件はありますが、税理士が裁判所の許可なしに、補佐人として法廷で陳述することを認めること、訴訟手続きでも税理士が補佐人として常に納税者を援助する制度です。

税理士の先生が税務に関する法律専門家であること、そして、専門家がサポートしていれば税務調査はクリアできない障害ではないということです。
2013年の国税通則法改正で税務調査の事前通知が明文化され、税務調査を開始する日時・税務調査を行う場所・税務調査の目的・税務調査の対象となる税目・税務調査の対象となる期間・税務調査の対象となる帳簿書類その他の物件・税務調査の相手方である納税義務者の氏名及び住所または居所・税務調査を行う税務職員の氏名及び所属官署・税務調査を開始する日時または場所の変更に関する事の事前通知が必要になっています。

税務調査の連絡が来たら、肉体派税理士の渡邊勝也さんを味方に引き入れたほうがいいでしょう。

Copyright (C) www.haitipower.com. All Rights Reserved.

税務調査が入る!!